医療法人社団 明和会 大野浦病院
病院フロアマップアクセスマップ
人と人をつなぐ、手と手をつなぐ。



中学3年時に祖父が寝たきり生活となり、その際お世話になった介護士の方々の仕事を見たのがきっかけです。自分も将来、その時の介護士のように人に対し親身になりたい、人の役に立てる仕事がしたいと考えるようになりました。


私は現在回復期リハビリテーション病棟に在籍しているのですが、入院時には精神的に不安を抱え表情も曇りがちな患者様が、リハビリや口腔ケア、日常生活動作訓練を通し、QOLが向上し笑顔や会話が増え、退院時に「ありがとう」と心のこもったお言葉を頂けた時にやりがいを感じます。


大野浦病院では年に1度「部署別発表会」というイベントがあります。これは病院の全体目標達成の為、各部署でやるべき事を考え、部署目標を掲げて1年間取り組んできた事を報告、評価する場になっています。回復期リハビリテーション病棟は前回優秀賞を獲得しました。このような場があることで、各職員が常に病院の全体目標を意識し、それぞれの職場で責任とやりがいを持って仕事に取り組めており、大野浦病院の誇れる部分だと思います。




学生時代の友人と広島市内へ買い物や食事、スポーツ観戦などに出掛けます。また、職場のサークル活動でソフトボールをしたりと、体を動かし汗を流す事も気分転換の一つです。昨年は医師会主催のソフトボール大会で準優勝しました。私はキャッチャーとして活躍しました!今年は優勝を狙います。


私は大学を卒業して新卒で大野浦病院に入社しました。同期入社は18名おり、同世代の職員も多く、充実した環境で仕事が出来ています。もちろん先輩職員も優しいです(笑)。
全体目標・部門目標達成を目指し、困難な問題にはチームで助け合い、意見交換しながら業務に取り組める雰囲気の職場で、自分にも良い刺激になっています。
また、口腔ケアに力をいれている病院で、患者様に対して多職種のスタッフと連携しながら向き合う事ができる為、日々学ぶ事も多く、充実した毎日を過ごしています。

お問い合せ:0829-54-2426 スタッフ募集 大野浦病院・関連施設
ラ・メール大野(認知症対応型共同生活介護)
居宅介護支援事業所
このページの先頭に戻る